食品に含まれる放射性物質の基準値

食品に含まれる放射性物質の基準値

2012年4月からの食品に含まれる放射線物質の基準値

2012年4月より食品に含まれる放射性セシウムについて新しい基準値が適用されています。

食品区分 基準値
飲料水 10ベクレル/kg
牛乳 50ベクレル/kg
乳幼児食品 50ベクレル/kg
一般食品 10ベクレル/kg

※放射性ストロンチウム、プルトニウム等を含めて基準値を設定されています。
※放射性ヨウ素については、半減期が既に検出されていないため基準値は設定されていません。

本当に基準が守られているか心配。より安全性の高い食品を選びたいという人は放射性物質の検査体制がしっかりしている宅配食材サービスをご覧ください。

【参考】2012年3月までの暫定基準値

参考に福島原発事故の直後に定められた暫定基準値も掲載します。基準値に暫定とつくのは、日本ではこのような基準値が定められていなく、福島第一原発の事故後に急いで決められた経緯があるからです。2012年4月の改定によって基準が厳しくなったことがわかります。

飲食物の摂取制限に関する指標(単位はベクレル / kg)
種類 放射性ヨウ素 放射性セシウム ウラン プルトニウム
飲料水 300 200 20 1
牛乳・乳製品 300 (*1) 200 20 1
野菜類 2,000 (*2) 500 100 10
穀類 - 500 100 10
肉・魚・卵・その他 - 500 100 10
乳幼児用食品 - - - 1

(*1)100ベクレル / kgを超える場合は赤ちゃんが飲むミルクや粉ミルクには使用しない
(*2)イモ類や根菜を除く(半減期の関係で影響が少ないと考えられているため)