ウォーターサーバー 放射性物質

放射性物質の検査をしているウォーターサーバー

安心なウォーターサーバーの選び方

福島原発事故後に関東一円の水処理場から放射性物質が検出されたことなどが理由でウォーターサーバーを利用する人が急増しました。放射性物質の影響が心配でウォーターサーバーときのポイントを簡単にまとめました。

放射性物質に関する検査を定期的に実施・公表している水を選ぶ

原発事故以降ウォーターサーバーを販売している企業の多くは水の安全性を確かめるために放射性物質が含まれていないかどうかの検査を実施しています。定期的に放射性物質の検査を受け結果をホームページに公表しているウォーターサーバーを選びましょう。

赤ちゃんや小さなお子様も飲む場合は軟水を選ぶ

ミネラルウォーターにはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが含まれていて、その割合が示したものが硬度です。赤ちゃんや小さなお子様はあまり硬度が高い水を飲むと体調を崩してしまうことがあるので硬度が100ml以下の軟水を選びましょう。一般に日本人の味覚にあっており小さなお子さんに安心なだけでなく美味しく飲めます。

うるのん らアクアセレクト 日田天領水
放射性物質検査
硬度 29〜72mg/L
※水の種類による
30mg/L 32mg/L
採水地 朝霧高原(静岡県富士宮市) 宮川(三重県多気郡) 日田(大分県日田市)
サーバーレンタル料金 無料
※サーバーの種類による
無料 無料
水の料金 12Lあたり1,295円〜1,800円 ガロン(11.35L)あたり1,200円 20Lあたり3,132円
キャンペーンなど